このサイトの体験談を呼んで夜遅くに風俗行くと良いことがあるかも!?

彼女ができた気分。毎回別れが寂しいです

投稿日:2016年5月29日

デリヘル嬢との相性というのは何も体だけのことではありませんよね。デリヘル愛好家の方にはわかってもらえると思うんですが、本当に気に入る嬢というのは心の交流ができるものなんです。たしかに体の関係が先にあったわけですけど、後から心がそれに追いついてきてまるで恋人同士のような…そんな精神的な繋がりが生まれるわけです。こういうことを書くとすぐに「いや、それデリヘル嬢側はなんとも思ってないから」とかって言ってくる人がいますが、そういう人は本当に相性の良い嬢と出会えていないだけだと思います。やっぱり人間同士なんですよ。もちろん嬢だって仕事としてスタートしたわけですから始めは仰るとおりなんとも思ってなかったに違いありません。しかし私側からの心尽くしの愛情によってだんだんとそれが変わってきたということなんですね。オキニ嬢とのプレイが終わって帰っていく時は本当に寂しいし切ないです。20以上も歳の離れた嬢とここまで親密になれるとは思っていませんでした。早くプライベートでも会いたいと思っていますがなかなか時間が合わなくて。まあたしかに私のような無職と違って彼女は忙しいですしね。無理を言わずにその時を待ちたいと思います!

梅雨はやっぱりデリヘルでしょう

日本の梅雨。デリヘルの梅雨。やっぱり梅雨といえばデリヘルです。じわっと暑いのに湿度が高いので汗が乾かなくてものすごい不快ですよね。ジメジメしやがって。そんな時はどうせならもっとジメジメさせてやればいいわけです。つまり風俗ですね!風俗でヌレヌレヌルヌルプレイを愉しめば梅雨の湿度の高さなんか吹っ飛んじゃうぜってわけですよ。私は仕事の忙しい時期暇な時期、暑い時期寒い時期、予めわかっているわけですから年間のデリヘルプレイスケジュールを必ず年始に立てておきます。そうすると予算も組めますから計画的なわけです。この梅雨の時期はちょうど夏前の英気を養うべき時と位置づけていますのでデリヘルの回数多めです。だいたい週に1回か2回は必ず呼びますね。次のデリヘルシーズンは秋なのですが、この梅雨時期に良い嬢をいっぱい確保しておくことで年後半のデリヘルライフの充実度も大きく上下します。梅雨はデリヘル。皆さんもオンシーズンとオフシーズンをしっかり分けて楽しみましょう!